「いいね!」を英語でいうと?<Gaba マンツーマン英会話>

マンツーマン英会話スクール・教室のGaba(ガバ)に今年2月から通い始めました。

GABAではネイティブの先生が1レッスン40分マンツーマンで相手をしてくれます。

本日の先生はアメリカ人女性のErica。

「あいづちの打ち方」について教えてくれました。

「いいね!」を英語でいうと?

とりあえず相手に同意する、という時はあまり考えずに「Good」 と「  Nice」 とか肯定的なあいづちを打っていました。

ところが「それ、いいね!」というあいづちのつもりで

That’s Nice!

を使ったところ、陽気なEricaの顔がくもりました・・・。

 That’s good と That’s Nice の違い

なんと That’s Nice をネイティブの人達はあまり良い意味で使わないことが多いのだそうです。

日本語にするなら、

「うん、ま、ありだね。」

とか、もっと極端な時は全然思っていないのに「いいね」を言う時に使う表現なのだそうです。

ネイティブがよく使う「いいね!」

そこでネイティブの人達がいいね、という時はどんな表現を使うのか聞いてみました。

That’s great  (いいね!)

I like it. (それいいね!)

▲Facebookの「いいね」 like だそうです。

Sounds good. (それはいいね!)

This is awesome! (すごくいいねそれ!)

あたりがポピュラーみたいです。

まとめ

「英語はYes と No がはっきりしている」とか「曖昧な表現が少ない」とずっと思っていましたが、ネイティングの人に習っていくと意外とそんなことないんだなあ、と思います。

ネイティブの人に That’s Nice と言われたこと、結構あるな・・・。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。