ウソ日記「弁当男子の戦い」

あることないこと書きます。

「弁当男子の戦い」

怪獣「こんにちは弁当男子のための3分クッキング、本日のゲストは先日婚約を破棄されたばかりの弁当男子。タロウさんです!」

僕「ど、どうも。」

(失礼な紹介のしかただな)

怪獣「ショックだったでしょう。突然だったんですってね。」

僕「ええ、新しい家も決めて、ローンも組んだのに、もう何が何だか」

怪獣「6年も同棲してたんだから無理もないわ。ご飯は彼女が作ってたの?」

(それ聞く?)

僕「はい・・お弁当も毎日作ってくれてました・・ほんの2週間前まで」

怪獣「えぇ!?じゃあ今はお昼はどうしてるの?」

(弁当つくってるよね。だから呼んだんだよね。)

僕「色々出費がかさんで、お金もないので自分で弁当つくってます。」

怪獣「今日はそんな弁当男子のあなたにぴったりの料理!ハンバークを一緒に作りましょう。」

(段取り・・)

僕「う・・」

怪獣「どうしたの?」

僕「それ・・彼女が・・得意だった料理です。」

怪獣「あら、やだもう、それは、うーん、なんていうのかな?はい、では早速たまねぎから切っていきまーす。」

(ながした・・)

僕、言われるがままたまねぎを切る。

怪獣「はい。テレビの前の皆さんもご用意くださいね。」

僕「う・・うー。」

怪獣「あらあら大丈夫?たまねぎが目にしみるーみたいな?」

(違うよね。)

僕「すみません・・ちょっと・・・思い出しちゃって。」

怪獣「そうよねぇ。わかる!でももうちょっと手を動かしながら思い出してくださいねぇ。3分クッキングなんだからさ。」

僕「は、はい。」

怪獣「で、何を思い出してた感じ?」

(いや、だから・・)

僕「いや、だから・・」

怪獣「手は動かしながらねぇ。あと1分ないわよぉ。」

僕「す、すみません。」

怪獣「番組中にこういうこと言いたくないんだけどさ。」

僕「はい?」

怪獣「そういうところじゃない?彼女がはなれていったの。」

<<カラータイマーのなる音>>

(この怪獣、つよい・・)

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。