映画レビュー「それでも夜は明ける」の感想

みた映画を独断と偏見で採点してます。

☆(選んだ自分に怒りが湧き上がる。)
☆☆(みなきゃよかったと思う。)
☆☆☆(みてよかったとは思う。)
☆☆☆☆(オススメ!)
☆☆☆☆☆(歴史に残る名作!)

「それでも夜は明ける」☆☆☆☆

アメリカの北部で暮らしていた黒人の男性がある日突然誘拐され、奴隷として12年間働かされた実際の体験記を元に映画化されたものです。

普通の人がある日突然奴隷になる、という設定なのでまるで自分が奴隷になったかのような感覚に陥り、観ていて本当に辛い映画です。

「黒人奴隷制度」を当たり前だと思っていた人達からの視点もリアルに描かれており、当たり前となっている物事に対して疑問を持つことへの勇気をもらうことのできる作品でした。

「それでも夜は明ける」

の映画情報はコチラ

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。