大下千恵さんのコーチング 「ライフパーパスを仮決定した」

ライフパーパスを決めるまでに考えたことを書きます。

ライフパーパスについての記事はコチラ

ライフパーパスを仮決定した

僕は今まで、自分がコミュニティを元気にしていく仕事、人と関わること自体に一番のやりがいを感じる傾向にあると感じていました。

なので、ライフパーパスを考え始めた当初は「◯◯プロデューサー」とか「◯◯コーディネーター」などの言葉が頭に思い浮かんでいました。

でもよくよく考えるとそうではありませんでした。

コミュニティを元気にしていく仕事や人と関わることは好きですし大切な要素ですが、それらの活動を「情報発信」していくことが前提で、それこそが僕のやりがいだと気がつきました。

情報発信者。情報発信をやりがいと感じる人。文章で情報発信したい人は小説家や記者、ブロガーなどが当てはまるでしょう。

写真だったら写真家、映像だったら映画監督やユーチューバーなどが当てはまると思います。

また、数字で情報発信したい人は経理の仕事をするでしょう。

さらにこれからはこれらの要素をいくつか組み合わせて情報発信していく人が増えていくと思います。

これから

「情報発信者」はライフパーパスとしては少し範囲の広すぎる言葉だと思います。

そこに留めたのは、今の段階ではまだ「◯◯な情報発信者」という風に一言で決められるほど自分のやりたいことを言葉にできないと感じたからです。

一方で「情報発信者」というライフパーパスを仮決めしてみると、その言葉に対する自分なりのイメージが少しずつ浮かび上がってきているのを感じます。

おそらくそのイメージは同じ「情報発信者」というライフパーパスを持っている人でも人それぞれ違うと思います。

そして、この違いが自分をより理解していく手がかりになると感じます。

ここから先は「情報発信者」という言葉を軸に「ブログ」や「4行日記」を習慣的に書いていくことで、自分のやりたいことをより細やかに理解していきたいと思います。

4行日記についての記事はコチラ

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。