大下千恵さんのコーチング 「ライフパーパスを仮決定して良かったこと その1」

コーチングを受ける中でライフパーパスを「情報発信者」と仮決定して変わったことを書きます。

ライフパーパスを仮決定した記事はコチラ

ライフパーパスを仮決定して良かったこと

ライフバーパスを仮決定をすると、例えば「ブログのテーマを決める時」「自由時間に何をするか決める時」などの選択をする時に自分自身に問いかけするようになりました。

例えば

なぜ既に人気のあるものを情報発信しないの?その方が早く PVも上がるのでは?

▶︎僕は良いものなのにまだあまり一般的に知られていないもの、もっと知ってもらいたいと思うものを情報発信したい。

問題だと感じていることがあるなら何故自らで問題解決の中心に行くような行動をとらないの?

▶︎どれか一つの問題解決に集中するこよりも、日本食を食べるように自分が生活していく中で問題だと思うことに大小まんべんなく関わることで情報発信したい。

などです。

まとめ

何かを選択する時におこるようになった自分自身への問いかけ。

今まではこれをやっていなかったか、やっていてもあまり意識していなかったから本当に自分のやりたいことからブレた選択をしても気がつかなかったのだと思います。

そして、この問いかけを積み重ねていくと自分の「情報発信者」という言葉に対するイメージがより具体化していき、「◯◯な情報発信者」というようにさらにぴったりくるライフパーパスが見つかってくるように思います。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。