外資系企業の日常「朝礼と3分間スピーチ」第 4 話

28歳で外資系企業に転職しました。現在38歳で約10年、今の会社で働いています。

働いている会社で朝礼・3分間スピーチが習慣化された話の続きです。

前回の記事はコチラ

私の所属する経理部門の中には約10ほどの経理系の部があります。

各部での朝礼の形が固まってきたころ、他の部の朝礼を見学する機会が設けられました。

お互いの朝礼を見学した

見学会は事前にスケジュールが配られ、約10個の部の公開朝礼の中から自分の予定の合う中で希望の部の朝礼を見学できるというものでした。

私は4つ見学しました。

他の部の朝礼はそれぞれ独自の工夫がありました。

例えば、

外人さんのいる部は英語で朝礼を行なっていました。

在宅勤務の人がいる部は電話でも参加できるような仕組みをつくっていました。

朝礼の最後に「今日の質問」というコーナーを設けて司会者が他の参加者の誰かを指名して質問をする、という部もありました。

フリーテーマの3分間スピーチをやっているのは私のいる部だけでした。

全体的に言えるのは、私が見学した朝礼は、すべて経理系の部のものなので、普段自分のデスクでの個人作業がほとんどを締めるため、大勢の人の前でしゃべることに慣れていない人がまだまだ多いな、ということでした。

 

 

 

 

第5話に続きます。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。