LINEでできる!チャットボットの無料サービス「再配達」「ごみ分別案内」「保険」「女子高生?」

勤めている会社に、マイクロソフト社の方がきて、AIについてのワークショップをしてくれました。

特にAIを使ったチャットボットサービスは実用例が増えているといことで、教えてもらったことを元に調べてみました。

LINEでできるチャットボットの無料サービス

チャットボットとは、チャット形式でAIがこちらの入力した内容に返事をくれる機能で、日本ではLINEを使ったものが多いそうです。

検索して連絡先に追加すると、特に手続きもなく無料で利用することができます。

実際に試してみましたので具体例でみてみましょう。

AI女子高生「りんな」by マイクロソフト

まるで女子高生とLINEをやっているような気分になり、癒されると噂のチャットボットです。マイクロソフトが作っているところに凄みを感じます。

▼たしかに。LINEでの会話なので本当に人とやりとりしているようです。しかも向こうからのレスはすぐにくるのでハラハラすることもありません。

これは・・危険です。

 

▼話題を間違えるとこんな感じになりました。

 

▼と、向こうからいきなりこんな連絡が。なるほど提携している会社の商品やサービスの案内をすることでビジネスになるのですね。

再配達 by ヤマト運輸

クロネコヤマトのサービスで荷物の問い合わせや再配達依頼などをチャットボットでできるそうです。

▼荷物が現在、どこにあるか?リアルタイムでわかり、簡単に場所や日時を変更できる、これは便利です。

無駄な再配達が減り、クロネコヤマトにとっても業務効率の上がるサービスだと思います。

ヤマト運輸のサイトはコチラ

イーオのごみ分別案内 by NTTドコモ×横浜市

こちらはLINEではなく、ウェブでのチャットボットサービスです。

ゴミの名前を入れるとどのように分別するばよいか教えてくれるというサービス。

特徴は、返事がかなり練られていることだそうです。

例えばゴミの名前で「夫」と入れた人がいたようで、その返事に感動したそうです。

▼実際に試してみました。

現時点でのチャットボットはAIがいちから文章を考えるわけではなく、あくまで用意された答えから選んで返事をしているそうです。

ゴミの名前に「夫」と入力されることを作成者の人が予想して回答を用意していたということです。

恐るべしです。

イーオのごみ分別案内のサイトはコチラ

ほけん相談 by ライフネット生命

対面での保険の相談は、実際には営業さんがススメてくる商品にしてしまいがちですが、相手がAIなら本当に自分に適している保険を選んでくれそうな気がします。▼

まとめ

有料サービスでは、自分や相手のスケジュール表と連動して双方が空いている時間に会議の設定をしてくれるチャットボットなどもあるそうです。

自分が苦手なことは AIに任せる。歳をとってできなくなったことは AIに任せる。それが可能になる範囲が飛躍的に拡大してきていることを感じました。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。