コーチングって何?マンガでやさしくわかるコーチング <習慣化 189 日目>

英語の勉強や筋トレなど。仕事が忙しくなるとつづかないという悩みを克服するため、食わず嫌いをしていた「習慣化」を始めました。

習慣化を始めたきっかけはコチラ

習慣化メニュー

僕が習慣化のために設定したメニューは大きく分けて5つあります。

1:趣味(お笑い)

2:英語

3:運動

4:読書

5:ブログ

今日は4つ目の「読書の習慣」を振り返ってみます。

読書の習慣化メニューはコチラ

コーチングって何?

読書は1日10分しています。約一ヶ月で3〜4冊のペースで読んでいます。

この1ヶ月は「コーチングの本」に集中しました。

コーチングの本で読んだのは以下の3冊です。

「コーチングが人を活かす」by鈴木義幸

コーチングが会社のどんな場面で使えるか。主に上司が部下をコーチングするための本です。具体例がとても豊富です。

▼コーチング入門by本間正人・松瀬理保

コーチという言葉の定義、歴史など、コーチングをより知りたい人のために体系的に書かれた教科書的な一冊です。

▼マンガでやさしくわかるコーチングby CTIジャパン・重松 延寿

コーチングって何?という人にはまずコチラをオススメします。

マンガがわかりやすく「仕事」「生活」それぞれ日常のどんな場面でコーチングを受けることが役にたつか、を具体的にイメージできます。

▼さらに僕がコーチングを受けているプロコーチの大下千恵さんのブログでは、コーチングを受けた方の感想をマンガ化した記事が公開されています。

僕が初めてコーチングを受けた時もまさにこんな気分でした。

『コーチングのご感想』をマンガ化(コミカライズ)していただきました!これはサービスお持ちの方に激しくオススメ!!

これから

1日10分の読書で知りたいことがだいぶ特定されてきました。

今は偏りは気にせずに読みたいものを読み続けていこうと思います。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。