立花Be・ブログ・ブランディング塾 中級休日コース 〜第4講(最終講)〜

プロブロガーの立花岳志さんの「立花Be・ブログ・ブランディング塾」中級の第4回目の講習に参加してきました。

立花Be・ブログ・ブランディング塾(略してB塾)の初級の様子はコチラ

B塾 中級 〜最終講〜

今回はブログのマネタイズの話から発展して、ブログを通じた自己ブランディングが進むとどんなことがおこるのか?

少し先の未来の話を伺いました。

以下、特に印象に残ったことを書きます。

ブログでお金を稼ぐ方法

ブログでマネタイズする方法で代表的なのはアフィリエイトアドセンスです。

それらもお金を稼ぐ手段として有効ですが、今回習ったのは別の方法。

ブログを通じて自分の好きなことを能力として尖らせて、情報発信することでお金を稼ぐ、という方法でした。

具体的な例としては、

・SEをやりながら栄養学の勉強をしていた人が栄養の知識をブログを通じて情報発信し続けることで専門家となり、独立してセミナーや教室を開くことでお金を稼ぐようになった。

・サラリーマンをしながらスマホの情報ブログを書いていた人が手先が器用で緻密な作業が好きだという能力とかけ合わせてスマホのカバーケースをブランド化することでお金を稼ぐようになった。

自己ブランディングが進むと、どんな可能性があるのか?

自己ブランディングが進むと専門知識と情報発信能力の2つが身につきます。

結果、ネットだけでなくリアルな世界でも専門家として、セミナーや出版をする機会がでてきます。

ただ、ブログの世界は失敗できますが、リアルな世界ではまだまだ一度失敗すると浮上できないという仕組みが根強くあります。

実際、出版されている方のほとんどは1冊の出版で売れずに、2冊目を出版できずに終わってしまうそうです。

まだまだ自分がそのステージに行くのは先のような気がします。が、

その時がきたら役にたつ情報を教えて頂きました。

これからの働き方

100万円のビジネスを1つ作るより、10万円のビジネスと10個作る。

1つ前の時代と違い、より少ない人数で、よりコストを書けずに情報発信でお金を稼ぐことができる時代に突入しました。

コストをかけなければ、売上が少なかったとしても元は取れます。利益が出ます。

そのようなビジネスを複数かけ合わせて行くことが情報発信社会に適した働き方と言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。