映画レビュー「猿の惑星:グレート・ウォー」の感想

みた映画を独断と偏見で採点してます。

☆(選んだ自分に怒りが湧き上がる。)
☆☆(みなきゃよかったと思う。)
☆☆☆(みてよかったとは思う。)
☆☆☆☆(オススメ!)
☆☆☆☆☆(歴史に残る名作!)

「猿の惑星:グレート・ウォー」☆☆☆☆

猿がメインの映画なので、コミュニケーションは手話や片言。

英語ペラペラの猿が1匹いますが、まさかの無口。

ほとんど言葉のない世界が続きます。

そして、それが新鮮でした。

物語のモチーフは決して新しいものはなく、むしろ人間がメインの映画では王道な世界観をいくつか混ぜたような感じでしたが、

それを猿たちのシンプルでど直球なコミュケーションで表現されると、ズドンと響きました。

まとめ

「革命」とか「復活」などの言葉が好きな人にはたまらない映画です。

「猿の惑星:グレート・ウォー」の詳細はコチラ

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。