言葉と音の実験室vo.6『隣の女』の感想

こんばんは。Ippeiです。

隣の女

今日は大好きな作品、向田邦子さんの短編集「隣の女」を、朗読と音楽の融合で聞かせてくれる公演があると知って行ってきました。

「隣の女」の書評はコチラ▼

「書評」隣の女 by 向田邦子

言葉と音の実験室vo.6『隣の女』の感想

雰囲気のあるカフェの2階が舞台となっていました▼

音楽はギターでした。

音楽というよりはまさに「音」という表現がぴったりで、不協和音など様々なバリエーションで朗読される声と混ざり合っていきます。

はじめの10分は、想像していたものと違い戸惑いましたが、その世界観を感じようと神経を集中させると戸惑いが刺激に変わっていきました。

女優のお二人もそれぞれ個性が違い、三人のジャズのセッションを聞いているような感覚です。

自分で本を読んだ時とはリズムもテンポも声も違うため、読んだ時とは全く違うポイントで泣けたり、鳥肌が立ったりしたところもあり、翻弄される感覚も新鮮でした。

言葉と音の実験室の詳細はコチラ

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。