イギリスのガテン系ガッツリ飯<Gaba マンツーマン英会話>

マンツーマン英会話スクール・教室のGaba(ガバ)に今年2月から通い始めました。

GABAではネイティブの先生が1レッスン40分マンツーマンで相手をしてくれます。

本日の先生はイギリス人男性のChrisで、雑談ではイギリスの食べ物の話になりました。

イギリスの食事というとFish&Chipsが思い浮かびますが、全体的に美味しくないという噂を聞きます。Chrisにイギリス料理で何が一番好きか聞いてみると( What kind of English food do you like the best? )

目を輝かせて話し始めました。

イギリスでは朝食をカフェでとる人が少なくないそうなのですが、カフェの中でもGreasy spoon(グレイシースプーン)と呼ばれる独特のスタイルのお店があるそうです。

Greasy spoonを英和辞典で検索してみると(うす汚い安食堂)とのこと・・・。

そのタイプのお店で出る代表的な朝食のメニューがこんな感じです。

これ、一人前だそうです。Baked beans(ベイクドビーンズ)(トマトやセロリなどを煮たソースで調理した豆)、目玉焼き、ベーコン、ソーセージ、焼きトマト、スコーン、マッシュルーム。そして真ん中らへんの黒い食べ物はBlack Pudding(ブラックプディング)と呼ばれる豚や牛の血を固めて作られたイギリス伝統のソーセージだそうです。

Chris曰く、「ボリュームがハンパじゃなくて、体に悪くて、食べた後ちょっと気持ち悪くなるんだけど最高なんだよ!」とのこと・・・。

Greasy spoonを語るChrisの目の輝き、どこかで見たことあると思ったらラーメン二郎の中毒性を熱く語る人たちとそっくりなのでした。

これは、ちょっと、食べてみたいです。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。