英語耳〜発音ができるとリスニングができる by 松澤喜好「書評」

僕が28歳で外資系の会社に入った時、TOEICのスコアは500ほどでした。

今は38歳ですがTOEICのスコアは800ほどで、まだまだ勉強中です。

入社後、いろいろな教材を試しましたが、仕事以外の時間でキライなことをやるのがとても苦痛でした。

受験の時は「行きたい大学」に入るために頑張りましたが英語、嫌いだったです。

英語耳〜発音ができるとリスニングができる

そんな「英語嫌い」の私を「英語好き」に変えてくれたのが「セブ島への短期留学」とこの本「英語耳」でした。

英語耳とは

日本人が英語で会話ができない最大の原因は「日本人が英文を読む時とは違う発音で外国人がしゃべっている」からです。

違う発音だから聞き取れません。聞き取れないから会話はできません。

この「外国人の発音を聞き取れる耳」をこの本では「英語耳」と呼んでいます。

ハードルが低い

「どうすれば英語耳を手にいれることができるか?」についてこの本は書いてありますが、難しいことは一つも書いてありません。

付録のCDに入っている英語も中学で習うような簡単な英語ばかりです。

忙しい時にもつづけられる

この本に書かれている練習メニューは1日20分〜30分でできます。

しかも「通勤中に歩きながら」とか「家で寝っ転がりながら」できる練習です。

覚えることがたくさんあったり、悩んだり考えたりすることもありません。

「ひたすら反復練習すること」が英語耳を手にいれるコツだからです。

「辛くない反復練習のコツ」もこの本には書いてあります。

感動体験で英語が楽しくなる

半年ほどで洋画の英語がだんだん聞こえるようになってきます。

この時の感動で私は英語が楽しくなりました。

私も含めた多くの人は、英語を勉強する時のゴールを「英語がペラペラしゃべれるようになる」だと思ってしまいます。

この大きなゴールにたどり着くまでの道のりはとてもとても長いです。

だからほとんどの人は途中で挫折してしまいます。

大きなゴールの前に小さなゴールをつくり、そこで感動体験を味わう。

感動体験を味わったらそのエネルギーで次の小さなゴールに向かう。

これが勉強を楽しく続けていくコツなのだと実感しました。

感想

「英語耳」の練習メニューは私たちのイメージしている「勉強」よりは「野球の素振り」のようなスポーツの練習に近いです。

「勉強は嫌いだけどスポーツの練習はできる」

「英語は苦手だけど外国人と話せたら楽しいだろうな」

そんな人達にこの本をオススメします。

詳細はコチラをどうぞ。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。