カウンセラーとうまくしゃべれない。<Gaba マンツーマン英会話>

マンツーマン英会話スクール・教室のGaba(ガバ)に今年2月から通っています。

Gabaのサービスの一つにカウンセリングがあります。

教えてくれるのはネイティブの先生達ですが、それとは別に日本人のカウンセラーが授業前の時間に悩みや勉強の進め方の相談に乗ってくれるというサービスです。

しかし、僕はこのサービスをうまく使えていません。

Gabaのメリットはコチラ

カウンセラーとうまくしゃべれない。

僕の担当のカウンセラーと今日した会話。

授業が始まる直前に、

カウンセラー「あ、三浦さん、こんばんば。あのー、ちょっとお知らせしたいことが。」

僕「あ、はい。」

カウンセラー「7月の⚪️⚪️日なんですけど、当社のWebサービスが使えなくて・・。」

僕「あ、それ、Webサイトでお知らせみました。」

カウンセラー「あ、だったらいいんですけど、一応これなんですけど。」

Webサービス停止の情報がのっている紙を渡される。

僕「あ、はい」

カウンセラー「それで、今困ってることとかありますか?」

僕「いや、特には。」

カウンセラー「あ、だったらいいですけど。」

授業が始まるチャイムの音。

カウンセラー「あ、じゃあ、いってらっしゃい。」

僕「どうも。」

なんというか、反抗期の息子のような態度をとってしまいました・・・。

まとめ

特に勉強方法や講師との接し方に困っていない、ということもありますが、何事も受け身だとダメだなと思います。

サービスは使ったもん勝ち。

カウンセリングというサービスをどう使うかも僕次第、ちょっと考えてみたいと思います。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でコントをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。