「CTIジャパン」コーチング修行日記 〜ジャッジをしない努力〜

こんにちは。いっぺいです。

今年の3月からCTIジャパンという、コーチングの養成所に通っています。

コーチングの修行をする過程で思ったこと、感じたことを時々日記形式で綴ってみたいと思います。

7月☓日

人と会話をしてる時に、途中で

「面白くない」

とジャッジしてしまうと 自分が1番損していることに気がついた。

コミュニケーションはキャッチボール。

最後まで

「どう面白くするか?」

を考えると話す力と聞く力がつくし、

相手から返ってくる内容も変わる。

7月7日

彦星の気持ち。

▼叶うといいね☆

 

▼良かったね☆

 

▼しょうくんにお願いしてね☆

 

7月☓日

劣等感からの勝手な思い込みで、

疎外されてる気がして、

通うのが面倒くさくなっていた場所に思い切って行った。

ジャッジをしない、

自分の思い込みで判断しないことを最後まで意識したら、

その場の人達の等身大の魅力と、

そこでの居場所が少しわかった。

楽しいことは、面倒くさいことの先にある。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

趣味でコントを楽しむサラリーマンを挫折。難航する婚活とリストラの恐怖と、両親の介護への不安。そんな時に父親が癌に。 日本で楽しく生きるとは? 答えを探すためにコーチングを学んで40歳からキャリアチェンジ。その道程で出会いがあり入籍。夢は、日本や世界の状況がさらに深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。