ジンバブエの首都、ハラレを歩いてみたら10秒でからまれた動画 〜アフリカ・ジンバブエ旅行記〜

こんにちは。Ippeiです。

2014年8月、友人(弟)が海外青年協力隊として滞在していたアフリカのジンバブエに友人(兄)とともに一週間旅行しました。

ジンバブエとは

南アフリカ共和国の上に位置するアフリカ南東部の国です。

世界で最も有名な3つの滝「世界三大瀑布」のうちの一つビクトリアフォールズがあることで有名な国です。(あと2つはナイアガラの滝とイグアスの滝です。)

そして、この国にはもう一つ有名なことがあります。

史上最悪のインフレ

ジンバブエは歴史上もっともひどいインフレが起きた国としても有名です。しかもそんなに昔の話ではなく、つい最近の話です。

インフレとは「お金の価値が下がっていくこと」つまり「物の値段が上がっていくこと」です。

そして、これが現在のクーデターの原因にもなっています。

▼詳細はコチラをどうぞ。

100兆ジンバブエドル札!史上最悪のインフレが起きた国のお土産はお金 〜アフリカ・ジンバブエ旅行記〜

そんなこんなで、ジンバブエの経済は当時から大混乱。

失業率は90パーセントを超える地区もあり(どういう状況?)

職を失った人たちの中には犯罪にはしる人も。

ジンバブエにいく前、ネット上で事前に情報を収集しました。

「外国人がジンバブエを歩くとすごく高い確率で襲われる」

とか

「ジンバブエに滞在している外国人で犯罪に遭っていない人の方が少ない」

とか恐ろしい情報ばかりでした。

ジンバブエの首都、ハラレを歩いてみた。

さて、首都のハラレに到着し、歩き出すと10秒でからまれました。

しかもなんと日本語で!

僕は完全にビビってましたが、動画で振り返るとフレンドリーに話しかけてくれてるだけなのがわかります。

ジンバブエの人達は接する人、接する人、前評判とは異なりあたたかく、優しい人達だということを知るのはこの動画の後の話です。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でワークショップをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。