大下千恵さんのコーチング 5th SESSION 「目的と情熱」

大下千恵さんのコーチングを受けています。

コーチングについての記事はコチラ

6つの内的要因の中の「目的」と「情熱」の深掘り

前回、コンサルティングを受けた際に教わった「やりたいこと(野望)を叶えるための6つの内的要因」

大下千恵さんのコンサルティング 「野望の履歴書」~ウェルスダイナミクスと6つの内的要因~


その中の「目的」がまだ本当に自分のやりたいことを的確に表したものになっていません。

深掘りするためにはその源泉となる「情熱」を色んな視点から考えてみたい、という相談をしました。

過去のエピソードから情熱を探す

僕の相談を受けた大下千恵さんは「今までで一番楽しかった瞬間」「うまくいかなかったこと」など、過去のエピソードを思い出し、
その中から自分の情熱を探していく、ざっくりしているものを細かく把握していく方法がある、と提案してもらいました。

人生の目的を絵で描いてみる。

情熱を思い出す作業と並行して千恵さんに提案してもらったのは自分のやりたいことが叶ったときの様子を絵にしてみる、ということ。

決して上手な絵でなくても良くて、自分がその絵を見た時に「やりたいこと」が明確に思い描けることが大事、とのことです。

これから

過去の振り返りをブログ記事にしてみたい、という思いは以前からありましたがその部分をさらけ出すことに恥ずかしさからブロックがかかっていました。

良い機会なので、過去日記をブログに書くことで引き続き思い出していきたいと思います。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

趣味でコントを楽しむサラリーマンを挫折。難航する婚活とリストラの恐怖と、両親の介護への不安。そんな時に父親が癌に。 日本で楽しく生きるとは? 答えを探すためにコーチングを学んで40歳からキャリアチェンジ。その道程で出会いがあり入籍。夢は、日本や世界の状況がさらに深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。