教える人のための「即興×リフレクション」ワークショップに普通のサラリーマンが参加した感想

こんにちは、Ippeiです。先日参加したワークショップの感想を書きます。

教える人のための「即興×リフレクション」ワークショップ

タイトルの通り、主に教員の方と、役者などの表現者の方向けのワークショップに参加してきました。

内容は大きく2つに分かれており、

1つ目は、

「インプロ」(即興演劇)で使われるゲームや、ストーリーを作る体験を通して「自由で安全な場」「挑戦を楽しむ」「コントロールを手放す」などの感覚を体験できるワークショップ。

ファシリテーターは、声優、ナレーター、インプロバイザーの大塚みずえさん

インプロもこなすお笑い芸人「オシエルズ」の野村真之介さんのお二人。

2つ目は、

インプロ体験後に心と身体での体験をていねいにふり返ること(リフレクション)で「気づきの意識化」を図れるワークショップ。

こちらは東北福祉大の上條晴夫先生が担当されました。

当日の様子は大塚みずえさんのブログをご覧ください。

大塚みずえさんのブログはコチラ

世の中がデタラメで溢れていたらいいのに

「デタラメって最高!世の中がデタラメで溢れていたら良いのに!」

リフレクションの時に出た参加者の方のこの感想が、この日もっとも印象的でした。

ワークショップで集まったのは、ほぼ初対面の人たちばかりだったので、最初は表情の硬い人もおり、緊張しながら自己紹介が始まりました。

その空気をファシリテーターのお二人が徐々に柔げていきます。

前半は皆で協力して、その場を「自分が挑戦できる安全な場所」にしていくワーク。

言葉をかえると、心の扉を開いていく作業をゲームを通じて行いました。

特に、わざとルールをややこしくして皆の前で間違うことで心をオープンにしていくゲーム「リア ハンド ホップラ」は目からウロコでした。

「自分が挑戦できる安全な場所」ができた後は、その場所でいかに挑戦するか(リスクをとるか)のワーク。

この頃にはゲームに熱中して叫ぶ人も出るくらいの盛り上がりっぷり。

普段、教師をしている人たちは「間違ったことを言ってはいけない」という気持ちが強いようで、

デタラメな言葉を作り(例:ゴンゴラ)、

その言葉にデタラメな解説(例:アマゾンの奥地に生息する部族が豊作を祝って叩く太鼓)

をつけて記者会見ごっこをするゲームのジブリッシュ(の応用で大塚みずえさん発案)では、

皆が嬉々としてデタラメ記者会見を楽しみ、冒頭の「デタラメって最高!」の感想につながりました。

これから

皆が心から表現、創作を楽しむためにはまず安全な場所で心をオープンにする過程が必要。

そのための具体的な方法を学びました。

普通のサラリーマンも当たり前のように表現、創作を楽しめるように。

多様な人たちが集まって表現、創作を楽しめるように、学んだことを自分のワークショップに活かしていきたいと思います。

教える人のための「即興×リフレクション」ワークショップの次回情報を確認できるサイト「SENSEI PORTAL」はコチラ

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でワークショップをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。