「CTIジャパン」コーチング修行日記 〜上級コースに進むにあたっての心構え〜

こんにちは。いっぺいです。

平日はサラリーマンをしながら、

今年の3月からCTIジャパンというコーチングの養成所に通っています。

コーチングの修行をする過程で思ったこと、感じたことを時々日記形式で綴ってみたいと思います。

CTIジャパンのコーチングクラスには大まかに分けて基礎、応用、上級の3つあり、上級まで受講してはじめて資格を取得することが可能になります。

今日は、10月から上級のコースに進むにあたっての心構えを書きました。

上級コースを受講することによって、あなたは人生にどのような変化をもたらしたいですか?

中学生の頃から感じ始めた世の中に対する違和感があります。

どうして、大人たちは長時間懸命に働いているのに、全然たのしくなさそうなんだろう。

働けば働くほど、家庭生活とのギャップが広まり、幸せを感じれなくなるのだろう。

僕の人生の目標は、その問いに対する答えを見つけるだけでなく、自分自身で幸せだと思う生活を実践していくことにあります。

仕事と生活、仕事と家庭、異なる2者間が歩み寄るには対話が必要です。その対話の根源的な力を本コースを受講することによってさらに深め、

労働者と家庭、生活と仕事の距離が近づいていくという変化をもたらしたいです。

上級コースを受講することによって、あなたのコーチングにどのような変化をもたらしたいですか?

スポーツやファッションのように、最初はお手本を忠実に真似ることが上達の近道だと思い、応用コースまではその部分が大きかったという認識です。

本コースを受講することにより、基本をおさえた上での自分なりのスタイルを完成させ、

素の自分とコーチングをする自分の壁を取り払うという変化をもたらしたいです。

なぜ、コーアクティブ・モデルにもとづいた上級コースを受講されたいのですか?

物心ついた時から家族で集まる機会が苦手でした。

クリスマスや正月のイベント毎。焼肉や鍋などの料理。

家族で判断が必要な時、父と母は高い確率で喧嘩をしたからです。・

家族が仲良く過ごせれば良い。それが小さい頃の切実な願いでした。

大人になり、自分自身も自分をさらけ出せる趣味で、喧嘩を繰り返す毎日を経験しました。

仲良く協力して、1つのものを作り上げることに憧れながら、その方法が長い間わかりませんでした。

コーアクティブ・モデルはそんな僕には衝撃的な発想でした。

立場に上下があったとしても、お互いが対等で協力していくという姿勢が根本にあったからです。

このモデルに則ってれば、真の意味で、仲良く協力できる人間関係が築けるのではないか。

コーアクティブのことを完全に理解したわけではありませんが、少し触れた限りの直感でそう思い、さらに知りたくなり、

本コースを受講するに至りました。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でワークショップをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。