コーチングって何?コーチング体験記「人生の輪」

僕がコーチングを受けた理由

2017年3月、父親に癌が見つかりました。


当時の僕は、38歳で婚活がうまくいかず、仕事では、リストラされそうな予感。

そんな状態で、父親が癌になり、手術がうまくいったとしても介護の可能性があるとしり、

限られた休日で、趣味を続けていることだけが唯一のプライドだった僕は、

その時間すらもとれなくなるかもしれない事態に、

ああ、もう僕の人生は終わった、に近い気持ちを味わい、

自分の人生に明るい未来が見えなくなりました。

そんな時に出会ったのがコーチングです。

▼はじめてコーチングを受ける直前のブログです。
https://ippei3.com/archives/1075

コーチング導入セッション「人生の輪」

はじめてコーチングを受けることになり、プロコーチの大下千恵さんから事前に宿題がでました。

それは「人生の輪」と呼ばれるもので、自分の現時点での人生の満足度を、いくつかの項目で輪切りにした図をつくる、というものでした。

以下に当時、僕が実際につくった人生の輪を公開します。

そして、各項目の満足度の理由も、当時書いたメモをアップさせて頂きます。

仕事・キャリア 満足度50%

毎日の業務に不満はない。しかし、今の仕事を続けても、やりたいことができるビジョンが見えない。ひとにぎりの優秀な人達が残れば良い、という会社の方針にも賛同できない。

お金・経済 満足度80%

現在、生活していく分には充分すぎるほどある。しかし、優秀な人達しか残さない方針の外資系企業にいるので、収入に保証がないため先行きは不安。

健康 満足度80%

現状、快適な健康を保っている。病気との付き合い方に不慣れなので、老いや病気とどう付き合っていくか、が未熟だと感じる。

家族・パートナー・恋人 満足度10%

両親と、お互いを認め合う関係を築けていない。おそらくその影響で、異性との関係の作り方も不慣れ。

人間関係・友人・知人 満足度50%

親密になると、相手の欠点ばかり気になってしまうという傾向がある。そのため、友人や恋人と親密になることに恐れがある。

学び・自己啓発 満足度80%

ブログと習慣化により、毎日学ぶことができるようになった。この時間を増やしていきたい。

遊び・余暇 満足度50%

人と協力して何かをつくっていくことが一番の楽しみだと思っていた。周りの環境の変化(子育て、介護等)で、今までの方法だと満足いくものがつくれなくなった。

生活環境 満足度80%

新しいもの(特にテクノロジー)を次々と取り入れる職場環境には満足している。仕事と生活の距離が遠く(←精神的に)介護しながら仕事もする。子育てしながら仕事もすることが難しい。

感想

「人生の輪」はその時の自分の満足度を輪切りにした図です。2019年2月の今、人生の輪をつくると全く違った図になると思います。

改めて2017年の人生の輪とコメントを読み返すと、当時の自分の感覚がよみがえってきて、その感覚が、今の自分の行動につながっていることを思い出しました。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でワークショップをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。