ウソ日記「花火の気持ち」

花火の気持ちは、お察しください。

「花火の気持ち」

花火をみるヤンママたちの会話。

「旦那がさー、私の投稿には全然いいね押さないのに、Aの投稿に超いいねしてたんだよねー。」

「え!?Aちゃんて、高校の時いっしょだった?超可愛かった?」

「うん、しかもカバーページ変えましたーみたいな投稿に。」

「やばいね、それ。」

花火「ドーン」

「そんなことより下の子の担任がさー、かなりイケメンなんだよねー。」

「どうせまた悪い系でしょー?」

「いや、たしかに私、悪い系好きだけどさ、その担任はちゃんとしてる系。」

「マジでー!?」

「まじまじ。顔とか超整ってるし。」

「誰系?」

「反町。」

「悪い系じゃん。てか例え古すぎだから。」

花火「ドーン」

「あーあ、今年の夏も終わったわ。」

「いやいや、まだ始まったばかりだから。」

「なんかこの花火大会くるとそう思うんだよねー。てか私、花火師になるわ。」

「アンタそれ、昔からゆってるよね。」

「うん、スイカみたいな花火つくりたくてさ、多分つくれると思うんだよねー」

花火「ドーン」

「ふーん。」

「うん、やっぱなるわ、花火師。今からでも遅くない」

「うん。」

「この前勇気もらったんだよね、クビドルに。」

「クビドル?」

「クビになったアイドルで結成されたアイドルグループ。」

「もうなんでもありだねあの業界は。」

「そう、なんでもありなんだよ。」

「てか何でクビになったの?」

「なんか、アイドルなのにプロレスの試合に出て、男色ディーノっていうゲイのプロレスラーと試合中にキスしたらしいよ。」

「要素多すぎ。もはやどれがクビの理由かわからないね。」

「そうだねー。」

花火「ドーン」

「あーあ、今年の夏も終わったわ。」

「いやいや、まだ始まったばかりだから、まだ盆もきてないから。」

「来年の夏までには行動しよ。」

「うん、応援してるよ。」

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でワークショップをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。