映画レビュー「ドリーム」はタイトルと内容の印象がちがう

みた映画を独断と偏見で採点してます。

☆(選んだ自分に怒りが湧き上がる。)
☆☆(みなきゃよかったと思う。)
☆☆☆(みてよかったとは思う。)
☆☆☆☆(オススメ!)
☆☆☆☆☆(歴史に残る名作!)

「ドリーム」☆☆☆☆

予告編は観ておらず、映画館のポスターで面白そう、と思って選びました。

タイトルから、

「黒人女性のアメリカン・ドリーム物語」

というイメージを持ちました。

そんな予想とは異なる内容でした。

NASAで働く天才の黒人の女性達が差別に打ち勝つ話

舞台は1960年初頭のアメリカ。NASAで働く3人の天才黒人女性の実話を元にしたお話です。

冒頭こそ陽気な音楽、雰囲気で始まりますが本編が進むにつれ、この3人を含めた黒人女性が受ける差別に驚きます。

1960年代といえば、奴隷解放戦争どころか、第2時世界大戦が終わってから15年も立っており、そんなに昔の話ではありません。

そして、NASAはアメリカの最先端の技術が集結する場所です。

そんな場所でも

・トイレは白人用と非白人用に分けられている。

・基本的には部屋も仕事も別。例え同じ部屋になったとしてもコーヒーポットですら白人用と黒人用で分けられる。

差別が歴然とありました。

しかし、3人の女性達はそんな状況でもそれぞれの職場でユーモラスに、明るく夢に向かって進んでいきます。

途中までは。

後半、3人の女性はそれぞれ差別を原因として大きな壁にぶつかります。

そして三者三様の見事な方法で打ち勝っていきます。

特に3人のうちのヒロイン的な存在のシーンが頭から離れません。

耐えに耐えた賢い女性が、知性と勇敢さを失わないまま理不尽な権力に対して咆哮します。

このシーンだけでも本作を観る価値がある、というくらい感動したシーンでした。

まとめ

「理不尽な当たり前」に苦しんでいる人たちにこの映画をオススメします。

きっと勇気をもらえると思います。

「ドリーム」の詳細はコチラ

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

趣味でコントを楽しむサラリーマンを挫折。難航する婚活とリストラの恐怖と、両親の介護への不安。そんな時に父親が癌に。 日本で楽しく生きるとは? 答えを探すためにコーチングを学んで40歳からキャリアチェンジ。その道程で出会いがあり入籍。夢は、日本や世界の状況がさらに深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。