大喜利・インプロ(即興演劇):日常生活で出来るお笑いのトレーニング <習慣化226日目>

英語の勉強や筋トレなど。仕事が忙しくなるとつづかないという悩みを克服するため、食わず嫌いをしていた「習慣化」を始めました。

習慣化を始めたきっかけはコチラ

趣味のための習慣化メニュー

僕が習慣化のために設定したメニューは大きく分けて5つあります。

1:趣味(お笑い)

2:英語

3:運動

4:読書

5:ブログ

今日は1つ目の趣味(お笑い)を振り返ってみます。

大喜利アプリ「bokete」

趣味でお笑い(コント)をやっています。

「日常生活の中で面白いことを考える力をつけることができるかな?」

と考えた時に知ったのが大喜利アプリでした。

「bokete」という、いわゆる「写真で一言」が体験できるアプリです。

大喜利アプリの使い方はコチラ

大喜利アプリ「bokete」の振り返り

▼自分の作品

面白い人の作品 その1

面白い人の作品 その2

これから

▼自分で企画したワークショップが近づいてきました。

笑いのワークショップ

▼勉強のために参加したインプロ(即興演劇)のワークショップにとても刺激的を受けました。

4行日記「インプロ(即興演劇)のワークショップに参加した」

今は、いろんな種類の他の人たちのワークショップに参加することに必要性を感じ、何よりも楽しめるということに気が付いた一ヶ月でした。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

趣味でコントを楽しむサラリーマンを挫折。難航する婚活とリストラの恐怖と、両親の介護への不安。そんな時に父親が癌に。 日本で楽しく生きるとは? 答えを探すためにコーチングを学んで40歳からキャリアチェンジ。その道程で出会いがあり入籍。夢は、日本や世界の状況がさらに深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。