コーチングを仕事にする!転職活動記 4話「道場破り的な勘違い」

こんにちは。イッペイです。コーチングを仕事にするために転職活動をしています。

色々な場所に行く中で、自分の中での決め事は、コーチングを掲げていない会社に対しても「コーチングを仕事にしたいです。」と伝えることです。

1話目はこちら

2話目はこちら

3話目はこちら

道場破り的な勘違い

まだまだ、コーチングを仕事にする、と考えるようになってから日が浅いですが、僕の知る限り、コーチングの業界で日本最大の組織は「コーチ・エイ」という会社です。

一方で、僕がコーチングを学んでいるCTIジャパンは、業界No.2の規模と言われています。

「日本最大のコーチングファームのコーチがどんなもんかみてみたい。」

そんな、半ば道場破り的な好奇心から、コーチ・エイの面接にのぞみました。

コーチ・エイの面接

面接をしてくださったのは、同じ職場で働くことになるコーチではなく、人事の中途採用担当の方でした。

そして、面接の質問の内容は、会社を選んだ理由や、これまでの仕事で努力したことなど、オーソドックスな質問内容でした。とても丁寧に対応頂きましたが、僕は何故か、冷遇されているような気分になりました。

「何故、コーチを採用する目的なのに、コーチとコーチの対話ではなく、一方的な質問で面接が進むのか。」

そんな気持ちになり、頭に血がのぼり、僕から出た発言は、

「僕の強みは拘らないことです。コーチングはまだ発展途上の分野だと思っています。CTIで学んでいる僕が、コーチ・エイで働くと、双方のコーチングが混ざり合い、さらにコーチングの可能性が広がると考えます。」

書いていて、顔が赤くなるくらい恥ずかしい勘違い発言です。お見送りのご連絡は当日頂きました。

理由は、

「コーチングを仕事にしたいという本気度は伝わってきたが、他の応募者の方との比較の観点に加え、当社とのカルチャーフィットに懸念を感じた為。」

悔しかったので、転職エージェントの方に、面接前にご紹介頂いていたコーチ・エイの社長も登壇される就職説明会に参加することにしました。

コーチ・エイの説明会

説明会では、代表取締役社長の鈴木義幸さんと執行役員の長田祐典さんのいずれもコーチとしても現役で活躍されてる方達が登壇されました。

予想に反して、お二方のお話はとても刺激的かつ、共感するものでした。同時に、自分にいかに視野の狭い偏見があったか、ということを気付かされる時間でもありました。

以下、僕が共感したポイントを書いてみます。

鈴木 義幸さんの話

・何故Visionを何度も語ることが大切なのか

Visionを何度も語ると選択的知覚(情報をそのまま受け取るのではなく、自身の信条・関心・価値観等に添うものだけを選択して認識する。)を得ることができる、すると落ちてる小判(Visionに近づく情報)が目に入る。Visionを共有すると、その目が何十倍、何百倍にもなる

・コーチング3.0

コーチングスキルの研修をするコーチング1.0、エグゼクティブにコーチングをするコーチング2.0を経て、それらを統合したコーチング3.0(システミックコーチング)の目指すところは、組織の至る所で、企業の成長に向けて対話が行われている状態をつくる。お互いの本当にやりたいこと、価値観を対話するとスパークする。新しいモノが生まれる。

長田 祐典さんの話

・2つの役割。
コーチ・エイでは、コーチも含めて全員が組織の中で2つの役割を持っているそのことが共に創る感覚を高めている。

・自分だけで考えない。
ポリフォニーという声楽の練習方法からとった名前の戦略会議で、課題に対して、上下関係の区別なく、自由に「自分ならどうするか」というアイディアを共有しあっている。

アイディア、行動にに対するフィードバックも上司と部下双方で、日常的に行っている。

感想

説明会から帰る時、アシスタント役をされていたコーチ・エイのコーチの方にお声掛け頂きました。

「今日の説明会はいかがでしたか?」

僕は、花粉症でマスクをしていましたので、モゴモゴと感想を話し始めました。

と、突然、

「今日は有難うございました。」

と、会話が終わってしまいました。僕は、面接の時と同様、冷遇されたような気分になりました。

エレベーターに乗ってから気が付きました。

コーチ・エイのコーチの方に話しかけて頂いていたのに、僕は、止まりもせず、マスクもはずさずにエレベーターに乗り込んでいたのです。

対話をする姿勢を表していなかったのは、僕の方だったのです。

おそらく、面接の時も、劣等感や恐れから対話をする姿勢を表していなかったのは僕の方なんだ。だから、冷遇されたような印象を受けたんだ。そう思いました。

これは、もう一度チャレンジせねば、と思いました。

The following two tabs change content below.
ippei

ippei

・趣味でワークショップをやっているサラリーマン。 ・新卒で入った製薬会社の営業職を2年半で退職。約3年間の無職の時期を経て28歳でたまたま外資系の生命保険会社に経理で転職(その時 TOEIC 500台)。 ・趣味(お笑い)と勉強(英語)を中心にブログを綴り、AIと少子高齢化で環境が激変していくであろうこれからの日本で楽しく生きていく方法を模索中。 ・夢はさらに状況が深刻になった時に困っている人達に「楽しい生き方」を共有できる人間になること。